証券業で培った企業再生のノウハウを活用した質の高いサービスで、
日本経済の活性化に貢献します。

当グループ会社の中核でありますエイチ・エス証券株式会社は、これまでも財務アドバイス、経営者の派遣、事業組織の再構築等の企業再生業務に携わってまいりました。それらのノウハウに、サービサーが提供する借入債務への対応を活用し、再生対象企業の負債・資本部分を改善することは、再生事業を効率的且つ確実に進めるうえで不可欠であり、より高度な企業再生事業が構築できるものと考えております。
また、将来的には、再生事業のみならず、M&A、債権の証券化業務等証券事業とサービサー事業とが密接に重なり合うような局面、たとえば、再生を達成した企業への新たなスポンサーの提供、購入不良債権を背景とした資産担保証券の開発等において、さらなるシナジー効果が見込まれます。
これら証券業・サービサー業が一体となる金融インフラの構築を目指すとともに、サービシングビジネスを通じて、日本経済の再生と発展に寄与できるよう取り組んでまいります。
当然のことながら、サービサーに求められている法令遵守の徹底およびその体制作りを第一とし、広く社会から信頼され信用を得られる業務運営を進める所存です。
そのうえで、「債権管理回収」から「再生事業」「証券化対応」まで段階的に、より幅広く質の高いサービスを提供し、あらゆるお客様、取引先のサービシングニーズにプロフェッショナルに対応できる総合サービサーを目指してまいります。

代表取締役社長 八木 厚樹

PAGETOPへ